協会について

鹿沼市文化協会とは

鹿沼市文化協会は、文化に関心を寄せる市民の連絡調整を図りながら、市民のための文化の向上を期することを目的として、昭和51年(1976年)に
発足した団体です。
鹿沼市内で活動する文化、芸術団体が当協会に集い、それぞれの活動を尊重し、お互いに敬意を図りながら、交流を図って、地域の文化の向上に取り組んでいます

会長あいさつ                                    鹿沼市文化協会会長  鈴木 貢

ピンチをチャンスに『つくろう鹿沼の文化』

会員の皆様には、日頃から鹿沼市文化協会の活動に参加、協力をいただきまして誠にありがとうございます。
さて、私、このたびの通常総会におきまして会長に選出されました。
新型コロナウイルス感染防止のため今回の総会は、文化協会の歴史の中でも初めての書面議決となりました。
鹿沼市文化協会は、昭和51(1976)年7月18日、鹿沼市産業文化会館において市民文化の交流と推進を図るため設立されました。
会員は、賛助会員を含めて636名、初代会長に福島充氏を選出して発足しました。福島会長は、8期16年務められました。
  初代会長  福島  充 (昭和51年)
  2代会長  愛波 正雄 (平成 4年)
  3代会長  阿部  勝 (平成12年)
  4代会長  柳田 芳男 (平成14年)
  5代会長  入江 正永 (平成20年)
  6代会長  山菅 昭八 (平成26年)
文化協会は、『つくろう のばそう 鹿沼の文化』を指針に活動が始まりました。
また、鹿沼市民文化祭は、市の主催事業で始まりましたが、文化協会は実行委員会の中で、企画から運営を担ってきました。昭和59(1984)年、本格的な文化の殿堂として、鹿沼市民文化センターが設置され、第6回鹿沼市民文化祭が市民文化センターを中心として開催されました。
経済の高度成長期と重なるように、鹿沼市の文化・芸術は質的にも量的にも拡大しました。
結成から43年経ち、会員463名、賛助会員37で、各団体の独自な活動と文化協会と連携して活動を推進してきました。
結成時から今日の課題は、「部門、団体を越えた交流」「会員の高齢化・減少」「新会員や若い人の参加」等々の活性化に向けた活動をどう展開していくか等々についてです。
このような状況の中で、今、新型コロナウイルスによる感染が始まり、感染拡大を防ぐために社会的・人的接触距離の確保として、ソーシャルディスタンスという考え方が提唱されました。
具体的には、密閉・密集・密接の「3密」を避けることが求められています。
感染拡大を予防する新しい生活様式や習慣が求められることにより、衣食住の生活をはじめとして、文化・芸術の活動においても変革をしていくことになるでしょう。
これまでも社会や経済の変化によって、地域社会における人と人の関係は希薄化し、人と人の距離は拡大していく状況にありました。
このような時こそ文化・芸術を推進する活動を通して、人と人との信頼を回復し、生き甲斐を感じる社会を構築していくことが最重要であると推測されます。
コロナウイルスの終息、生活習慣の変化など、まだまだ予測が難しい状況が続くことが想定されます。
文化・芸術活動の継続と発展に向けて、困難な環境を跳ね返す「ピンチをチャンスに変える」発想を共有していくことが大切であると考えています。
各団体と文化協会の連携を身の丈に合わせつつ『つくろう のばそう 鹿沼の文化』を合言葉に活動を進めていきたいと存じます。
会員の皆様のご健康と益々のご活躍を心からお祈りいたします。

副会長 高橋  進   青木 宗栄   神永 雄一   沼尾 冨士子   板橋 和子


事務局

鹿沼市文化協会
〒322-0069
栃木県鹿沼市坂田山2丁目170番地 鹿沼市民文化センター
電話:0289-78-4308(FAXも同じ)
E-mail:bunkakyokai@bc9.jp


事務局の休業日
 日曜日・火曜日・祝日は、休業となります。