ニュース一覧

     

会長新年のご挨拶

 新春を迎えて



                                鹿沼市文化協会 会長 鈴 木   貢

 新年あけましておめでとうございます。

 今年こそは、コロナが収束し、様々な活動が思う存分にできることを願ってきましたが、変異ウイルスの「オミクロン株」という新種が現れて、感染拡大が心配です。
 コロナ禍といわれて、2年が経過しました。コロナ禍の「禍」は、わざわいを表す言葉の通り、さまざまな行事や経済活動が制限され、「3密」をさけ、マスクや手洗いを行う、新しい生活様式や習慣が求められてきました。そのため、衣食住の生活を始めとして、文化・芸術の活動においても何かと変革を求められてまいりました。
 令和2年度は、文化協会の事業や「市民文化祭」は中止になってしまいました。今年度は、市民文化祭の24事業の内、13事業が開催できました。しかし、開幕式とトークショーを始め11事業が中止となってしまいました。
 文化祭実行委員会の総括会議の中では、10月に開催予定した団体からは、「開催できなくて本当に残念だった」との声や「日常的に行ってきた練習ができないため開催できなくて残念だった」との意見が出されました。
 また、「練習や準備に戸惑ったが開催できてよかった」と、心配や苦労を伴ったが開催できたことを成果として確認できました。
 コロナ禍のもう一つの果は、「わざわい」ではなく、成果の果です。文化祭で、何を学んだのかと言うと、「定期的な練習の積み上げ」の重要性や「高齢化による会員の減少を本気になって取り組んでいきたい」、さらに、「来年こそは、是非開催したい」と新年度に向けた固い決意が明らかになったことです。
 人々は、文化や芸術活動によって、自然や生活環境に適応する能力を育んできました。 春の訪れと共に、「枯野に、一つ一つ芽を出し、一面の草原となり、やがて花を咲かせ、実を結ぶ」そのような令和4年になりますことを、さらに、皆さまがますますご健康で、楽しい生活が送れますことを心から祈念をしてあいさつと致します。

2022年01月01日

会長新年のご挨拶

 新春を迎えて



                                鹿沼市文化協会 会長 鈴 木   貢

会員の皆さまは、どのように新春を迎えられましたか。
昨年は、これまで経験したことがない新型コロナウイルス禍の中で、文化協会の事業が、「できるのか」「できないのか」、
「やめるとしたら」「やるとしたら」等々の判断が連続して求められました。役員と同様に、会員の皆さまも苦悩されたことでしょう。
結果的には計画した事業のほとんどが中止、または延期され、唯一実施できましたのは福島市古関裕而記念館を訪ねた「文化協会視察研修旅行」でした。
このような中で文化協会の事業や活動に、ご支援、ご協力をいただきました皆様に心からお礼を申し上げます。
栃木県文化協会の事業であります「第74回栃木県芸術祭」には会員や市民の皆様が応募され、芸術祭文芸部門では、随筆・田多井祐美子様、小林博様、短歌・小林夏江様、川柳・善林真琴様、芸術祭美術部門では洋画・柴田重二様、工芸・大橋滋様、六角春香様、書道・渡邉司寳様が入賞なさいました。誠におめでとうございます。
 文化協会の事業や文化祭は、日頃からの修養や訓練を積んで心身を鍛えたり、技能を磨いた姿を演じたり発表する場で
す。新型コロナウイルス禍は文化や芸術の表現や発表の機会を世界的な規模で奪うという、これまでに経験したことのない未曾有のものとなりました。
コロナウイルス感染による病気に対する直接的な不安だけでなく、病気になった場合の職場や地域の目を心配する声が聞こえてきます。新聞の調査でも過半数を超える人が「ストレスが増えた」と訴えています。
また、感染予防のため「マスク着用や手洗」、「三密の回避や社会的な距離をとる」、「不要不急の外出自粛」などの要請がありました。
「不要不急の外出自粛」について誤解や行き過ぎた行動も報道されています。大変残念なことに、文化や芸術の表現を行うことや参加して楽しむことは「無駄なこと」「過剰なもの」とする考え方も散見されました。
音楽や舞踊などを演じ、観賞すること、絵画や書道、写真などの美術を創作、観賞すること、茶道や華道などの生活文化の創造や観賞、文芸の創作や観賞などの文化や芸術活動は、社会において生きがいを持って人間らしく生きていくうえではなくてはならないものです。
 文化や芸術は、豊作願う、そして収穫を祝う行事、社会の様々な困難な状況を乗り越える中から発祥し、多年にわたり伝承されてきた表現活動です。
これらは、人々にやすらぎや慰め、勇気を与えてきました。さらに、人と人の関係や社会との関りをより豊かなものにしてきました。
 今日の状況の中でも、感染拡大による不安やストレスを軽減させていくために、感染対策を徹底しながら文化や芸術の意義について思いめぐらし、一人ひとりが創造的に文化活動を推進していくことが求められます。
今後の事業や活動は多くの市民との連携、部門、団体を越えた交流などが必要です。会員の皆さまの英知を結集し、人と人の信頼を回復し、生き甲斐を感じる活動を推進していくことが重要でしょう。
昨年の経験を経て、新たな試みや工夫が生まれつつあります。
ホール部門やギャラリー部門では入場者の制限や無観客での開催、ケーブルテレビやユーチューブなどと連携した映像の放映などです。
生活文化部門では、伝統的な様式を守りながらも新たな試みや工夫による開催をすることです。
文芸部門では創作してからの伝え方に、紙媒体の通信や手作りの小冊子の発行やインターネッを活用することなどです。
全体的に共通する課題として、伝統的な様式や自ら演じ、創作すること、「実物」を基本としながら、会員との連携をはかる便りや会報の発行、情報通信技術(ICT)を活用した表現や発表の機会を取り入れていくことです。
つながりを大事にする新しい生活様式をめざして、文化協会の事業や活動を、会員が相互に協力し合い一歩前に出る事業や活動を推進していきましょう。

2021年01月01日

鹿沼市文化協会「新年会」中止のお知らせ

令和3年1月17日(日)に予定していました「鹿沼市文化協会新年会」は、新型コロナウイルスの感染が急激に拡大している状況を鑑み、誠に勝手ながら開催を中止させていただきました。
出席を予定された皆様には、ご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2020年12月25日

夏季休業のお知らせ

文化協会事務局は、次のとおり夏季休業となります。
 8月13日(木)~16日(日)

※日曜日、火曜日、祝日は休業となります。

2020年08月05日

第42回(令和2年度)鹿沼市民文化祭の中止のお知らせ

毎年10月~11月に開催しておりました「鹿沼市民文化祭」について、新型コロナウイルス感染防止と市民の皆様や来場されるお客様の健康と安全確保を優先し、今年度の開催中止を決定いたしました。
開催を楽しみにしていた皆様には誠に申し訳ありませんが、安心安全を最優先に考えての決定であることをご理解いただき、来年度の「鹿沼市民文化祭」にご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

第42回鹿沼市民文化祭実行委員会

2020年06月12日

新会長就任のお知らせ

令和2年度通常総会(書面議決)において、鈴木貢副会長が新会長に選出されたことをお知らせします。
新しい執行体制は、次のとおりです。

会 長  鈴木   貢
■副会長  高橋   進   青木 宗栄   神永 雄一   沼尾冨士子   板橋 和子

2020年05月25日

令和2年度通常総会について

令和2年5月18日(土)に開催を予定していた「令和2年度鹿沼市文化協会通常総会」は、緊急事態宣言(新型コロナウイルス感染拡大防止)を受けて、書面による議決を行うこととし、会議は取り止めといたします。
会員の皆様には、団体の代表宛て(個人会員は個人宛て)に、「総会議案書」と「書面表決書」をお送りいたしますので、それぞれのグループ内会員の皆様にご周知いただき、各議案の賛否をご記入の上、事務局まで返送してください。
なお、各議案については、第1回理事会(書面議決)において、賛成多数により承認をいただいています。

2020年04月25日

文化協会事務局に来られる方に

5月7日(木)まで、鹿沼市民文化センターが臨時休館中で、センターの入口が閉まっていますので、文化協会事務局に御用の方は、外側階段を使用してお越しください。
なお、事務局の休業日は、従来どおり日曜日、火曜日、祝日となります。

2020年04月18日

令和2年度第1回理事会の議決方法について

令和2年4月20日(月)に開催を予定していた第1回理事会につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、書面による議決とし、会議自体は行わないこととします。(会議は中止とします。)
理事の皆さんには、理事会議案書を送付いたしますので、議事内容を確認の上、同封の書面表決書を事務局まで返送するようお願いいたします。

2020年04月11日

令和元年度常任理事会の中止について

・令和2年3月26日開催予定の令和元年度常任理事会は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から「中止」とさせていただきます。

2020年03月23日

ホームページを開設しました。

・鹿沼市文化協会並びに鹿沼市民文化祭に関する情報を随時お知らせしていきます。
 当協会への質問、ご意見をお待ちしております。

2020年03月23日