とぼとぼ通信2017公開 2004・6〜更新 2017.12.18

akusesukaunnta-
 鹿豊新聞朝の詩2006〜2015

             
    2016  NO 3   
 石川啄木 10数首 
 (一握の砂より) 2016/9/1
 やはらかに柳あをめる
   北上の岸辺目に見ゆ
   泣けとごとくに


 潮かをる北の浜辺の
   砂山のかの浜薔薇よ
   今年も咲けるや


 いのちなき砂のかなしさよ
   さらさらと
   握れば指のあひだより落つ


 友よさは
   乞食の卑しさ厭ふなかれ
   飢えたる時は我も爾りき


* ある朝のかなしき夢のさめぎはに
   鼻に入り来し
   味噌を煮る香よ

 たんたらたらたんたらたらと
  雨滴が
  痛むあたまにひびくかなしさ


* 人といふ人のこころに
   一人づつ囚人がゐて
   うめくかなしさ

 馬鈴薯のうす紫の花に降る
   雨を思へり
   都の雨に


 子を負ひて
   雪の吹き入る停車場に
   われ見送りし妻の眉かな


  しらしらと氷かがやき
   千鳥なく
   釧路の海の冬の月かな


 真白なる大根の根の肥ゆる頃
   うまれて
   やがて死にし児のあり


 おそ秋の空気を
  三尺四方ばかり
  吸ひてわが児の死にゆきしかな


一 行 詩
2006〜2004

鹿沼詩友会
2006〜2004

和人形展
2006〜2007

鹿豊新聞
・朝の詩

2006・3〜
2015.12




日本詩人
クラブ


想い出の
東京教育大学


たんぽぽ舎

鹿沼学舎

元衆議院議長
横路孝弘

  へリンク
パソコンおよびサーバーの容量の関係で、別のサーバーとパソコンにサイトを立ち上げました。2016/9/12
第38回鹿沼市民文化祭文芸部門(詩)募集 2016/10/15メ切り
    一般の部 子どもの部
 平成28年度かぬまマイカレッジ・詩の講座「石川啄木」を開設
  前期4月〜5回 中期 7月〜5回  
  特別公開講座 「石川啄木を生きる」 5月25日 講師 松本富生氏 
 、受講料前期5回、3000円、会場、鹿沼市情報センター
  平成28講座No57石川啄木.pdf

 最近の読書

1 「戸井みちお詩集」 日本現代詩文庫 土曜美術社出版販売

  寺山修司
1 「寺山修司名言集」PARCO出版
2 「寺山修司詩集」 ハルキ文庫
3 「寺山修司全歌集」 講談社学術文庫
4 「戦後詩」 寺山修司 講談社文芸文庫
5 「新・書を捨てよ、町へ出よう」 寺山修司 河出文庫
6 「私という謎」 寺山修司 講談社文芸文庫
7 「両手いっぱいの言葉」 寺山修司 新潮文庫
8 「寺山修司からの手紙」 山田太一 岩波書店
9 「啄木を読む」 寺山修司 ハルキ文庫

  井上ひさし
1 「泣き虫なまいき石川啄木」 井上ひさし 新潮文庫
2 「文章読本」 井上ひさし 新潮文庫
3 「日本語教室」 井上ひさし 新潮新書

  アーサー・ビナード
1 「さがしています」 作・アーサー・ビナード、写真・岡倉禎志 童心社
2 「釣りあげては」 アーサー・ビナード (中原中也賞受賞) 思潮社
3 「日本語ぽこりぽこり」 アーサー・ビナード (講談社エッセイ賞)小学館
4 「日々の非常口」 アーサー・ビナード 新潮文庫
5 「アーサーの言の葉食堂」アーサー・ビナード (株) アルク
  Copyright(C) 2016 AllrightReserved